婚約指輪で紡ぐ未来|リングで想いを伝えよう

男性女性

おめでた婚

花嫁

実際にある特徴

おめでた婚では、出産後ではなく出産前に結婚式を行う人が多いです。結婚式を行わないまでもフォトウェディングでウェディングドレスを着用する人も多くいます。そのなかでほとんどの花嫁が妊婦さん用に作られたウェディングドレスであるマタニティドレスを着用します。マタニティドレスの特徴としては、ウエストを高くして胸の下あたりで結び、そこからふんわりとしたラインになっていることです。お腹を目立たせることなく着用できるため人気です。さらには、背中でウエストを調整できるようになっており、サイズ変更がなくてもある程度ゆったりと着られるファッションのものもあります。最近ではおめでた婚をする人が増えてきておりそれに伴いデザインバリエーションも豊富です。

工夫で変わること

マタニティドレスは妊娠中に着用するウェディングドレスのことです。ですが、妊娠初期は体の具合が良くなかったり準備に時間がかかるため、安定期と呼ばれる妊娠5カ月から7か月くらいまでの間に結婚式を行う人が多いです。したがって、その頃に行えばその週数にあったマタニティドレスも数多く用意されています。さらには妊娠中の体型の変化は人それぞれです。サイズ調整をしやすいマタニティドレスを選択したり、試着をこまめにしてワンサイズ上のマタニティドレスも予約を入れておくなどしておけば、結婚式までしばらく間があっても自分の着用したいマタニティドレスを着ることもできます。さらにはお腹が出ないうちに写真を撮っておくことで好きなドレスを着られます。

Copyright© 2016 婚約指輪で紡ぐ未来|リングで想いを伝えよう All Rights Reserved.